TALK LIKE BEATS presented by Real Sound

By Real Sound

音楽情報サイト『リアルサウンド』によるオリジナルPodcast番組『TALK LIKE BEATS』は、同サイトの連載企画『リズムから考えるJ−POP史』にて多数の記事を執筆、同名書籍を刊行したimdkmと、アーティスト/文筆家として多方面で活動する姫乃たまがMCを担当する音楽トーク番組です。 ミュージシャンやクリエイターなどの旬なゲストを迎え、昨今のヒットチャート解説や“ゲストが今注目している楽曲”のレコメンド、楽曲制作の裏側やルーツミュージックなどのトークを展開します。

  1. 1.
    #59 Guest:Homecomings 福富優樹(中編)キャロル・キング、The Foundations、BTS、マック・ミラー……新作のルーツになった音楽たち
    41:56
  2. 2.
    #58 Guest:Homecomings 福富優樹(前編)……スカート澤部を交えて語り合う“活動の転機となった楽曲”
    38:45
  3. 3.
    #57 Guest:オカモトショウ(後編)気軽に発表できる時代だからこそ大事にしたい“アティチュード” 漫画やゲーム実況の観賞とOKAMOTO`Sの活動に共通する美学とは?
    43:52
  4. 4.
    #56 Guest:オカモトショウ(中編)Primal Scream、ヴェルヴェッツ、『ウッドストック』……いま聴き返したいロックの名盤
    33:40
  5. 5.
    #55 Guest:オカモトショウ(前編)Last Dinosaurs、AAAMYYY、Pecori……ソロ作での新境地を生み出したパートナーたちとの挑戦
    32:33
  6. 6.
    #54 Guest:坂東祐大(後編)CHAI、Hiatus Kaiyote、Igorrr……坂東が選ぶ3つの“秀逸なポップス”
    36:13
  7. 7.
    #53 Guest:坂東祐大(中編)クラシックと現代音楽は、繋がっているようで繋がっていない?
    57:21
  8. 8.
    #52 Guest:坂東祐大(前編)『大豆田とわ子』楽曲制作の背景にある“世界の劇伴シーンに訪れた変化”とは?
    36:15
  1. 9.
    #51 Guest:ermhoi(後編)作り手と音楽は切り離して考えるべき? ハマっている作品とその背景について考える
    37:02
  2. 10.
    #50 Guest:ermhoi(中編)アーティストはギミックとどう向き合う? ermhoiソロ名義曲から考える「新たなチャレンジと表現の深化」
    31:30
  3. 11.
    #49 Guest:ermhoi(前編)millenium parade、Black Boboi、石若駿……ermhoiの多彩な音楽表現に迫る
    36:44
  4. 12.
    #48 Guest:中島愛(後編) 松井五郎、ラスマス・フェイバー、三浦康嗣……作家陣とのベストコラボとは?
    38:45
  5. 13.
    #47 Guest:中島愛(中編)中古レコードへの愛と“おニャン子クラブ沼”をアツく語る
    31:36
  6. 14.
    #46 Guest:中島愛(前編)「星間飛行」「いにしえの歌(キラキラVer.)」「勇気が生まれる場所」......キャラソン歌唱の軌跡
    36:03
  7. 15.
    #45 Guest:口ロロ三浦康嗣(後編)流通、津本式、料理本シーンの変化……理想の音楽と食に通ずる共通点を探る
    44:00
  8. 16.
    #44 Guest:口ロロ三浦康嗣(中編)□□□、イヤホンズ、MEG……「うた」を解体するということ
    36:11
  9. 17.
    #43 Guest:口ロロ三浦康嗣(前編)KREVA、D'Angelo、Curtis Mayfield……理想のポップソングと”マナー”について考える
    39:08
  10. 18.
    #42 Guest:土岐麻子(後編) アジカン「ソラニン」くるり「Jubilee」ソユ「I Miss You」……『HOME TOWN』から紐解く“カバーアレンジの在り方”
    32:22
  11. 19.
    #41 Guest:土岐麻子(中編)「シティポップ」は焼き直しの音楽ではないーー“都市の音楽”が持つ特性・精神性について考える
    32:29
  12. 20.
    #40 Guest:土岐麻子(前編)MAMAMOO、MONSTA X、NCT U……土岐麻子が注目するK-POP〜2021〜
    36:43
  13. 21.
    #39 Guest:m-flo・☆Taku Takahashi(後編) GeG、DPR LIVE、Lido、Seori、Yaffle……☆Taku Takahashiがいま注目する音楽家
    26:01
  14. 22.
    #38 Guest:m-flo・☆Taku Takahashi(中編) m-flo「loves」シリーズから考える“コラボレートの在り方”
    29:59
  15. 23.
    #37 Guest:m-flo・☆Taku Takahashi(前編) リズムから考える、J-POPとクラブミュージックの融合
    29:58
  16. 24.
    #36 年間ベスト回(imdkm編) 坂本慎太郎、三浦春馬からaltopalo、Nnamdïまで……imdkmが選ぶワールドワイドな2020年のベスト
    25:02
  17. 25.
    #35 年間ベスト回(姫乃たま編) KIRINJIやLil Texas、aikoに妄走族……“ストリーミング元年”の姫乃が選ぶ2020年の音楽
    24:29
  18. 26.
    #34 2020年を振り返る(前編) tofubeatsから最新回のラブリーサマーちゃんまで、各ゲストとのトークに改めて思うこと
    27:20
  19. 27.
    #33 Guest:ラブリーサマーちゃん(後編) 歪ませ方の変化や、英語詞への挑戦……最新作『THE THIRD SUMMER OF LOVE』で挑んだ新たな表現
    26:17
  20. 28.
    #32 Guest:ラブリーサマーちゃん(中編) ラブサマちゃんを構成する“カルチャー”とは?
    25:35
  21. 29.
    #31 Guest:ラブリーサマーちゃん(前編) 2020年によく聴いた音楽 & UKロックシーンの今を語る
    23:51
  22. 30.
    #30 Guest:lyrical school・hime(後編)KEIJU、Sound's Deli、BLOOM VASE……himeが2021年に向けて注目したいラッパーたち
    25:45
  23. 31.
    #29 Guest:lyrical school・hime(中編) リリスクが新たな表現にチャレンジした3曲
    22:01
  24. 32.
    #28 Guest:lyrical school・hime(前編) HIPHOPファン&アイドル&ラッパー視点から語る「ヒップホップ・カルチャーの魅力」
    22:14
  25. 33.
    #27 Guest:TENDRE(後編)時代や世界と共に変化する、“歌とグルーヴ”のこれから
    29:03
  26. 34.
    #26 Guest:TENDRE(中編)SIRUP、Chara+YUKI、Ryohu……TENDREに聞く“抜群のシナジー”が生まれる条件
    23:16
  27. 35.
    #25 Guest:TENDRE(前編) プレイヤーとしての魅力を感じる3曲
    23:08
  28. 36.
    #24 Guest:スカート・澤部渡(後編) キャリアを更新した3曲から考える「人に書くこと」と「自分に書くこと」の対比
    28:48
  29. 37.
    #23 Guest:スカート・澤部渡(中編) 言葉と感性に影響を与えた、3人の“心の師匠”とマンガ
    28:42
  30. 38.
    #22 Guest:スカート・澤部渡(前編) 50年前の作品から今年の最新曲までーーいま“ポップス”の深みと奥深さを感じ取れる3曲
    26:24
  31. 39.
    #21 Guest:SKY-HI(後編)マレーシア、香港、韓国、日本……SKY-HIが注目する東南アジアのアーティスト
    24:47
  32. 40.
    #20 Guest:SKY-HI(中編)音楽、ドキュメンタリー、マンガ……SKY-HIの感性を磨いたカルチャーに迫る
    25:18
  33. 41.
    #19 Guest:SKY-HI(前編)“ポップスとラップ”の枠組みを考えるーーベスト作から振り返る“キャリアの転機”となった3曲
    22:51
  34. 42.
    #18 Guest:chelmico(後編)カントリーにラテンからエクスペリメンタル、ゴルジェまで……2人が注目する“ヤバい音楽”
    30:12
  35. 43.
    #17 Guest:chelmico(中編)RIP SLYME、BLEACH、谷川俊太郎、穂村弘……chelmicoを形作ることば
    24:53
  36. 44.
    #16 Guest:chelmico(前編) Pistachio Studio、長谷川白紙、思い出野郎Aチーム……『maze』の原材料になった人と音楽
    26:06
  37. 45.
    #15 Guest:長谷川白紙(後編) Orange Milkからボカロ曲を横断して考える、“細工をしないための細工”という概念
    31:51
  38. 46.
    #14 Guest:長谷川白紙(中編)現代詩、お笑い、Twitter……長谷川白紙を構成する言葉たち
    34:16
  39. 47.
    #13 Guest:長谷川白紙(前編) 複雑かつポップな歌と音楽を構成する、多様なルーツとシャープな考え方
    34:52
  40. 48.
    #12 Guest:冨田ラボ 2020年以降の“注目プロデューサー“は?
    39:33
  41. 49.
    #11 Guest:冨田ラボ プロデューサー冨田ラボにとっての“良いボーカリスト“って何?
    29:45
  42. 50.
    #10 Guest:冨田ラボ 宇多田ヒカル&長谷川白紙の楽曲が持つ面白さとは?……リズムから考えるJ-POP(2020)
    43:29

Listen to TALK LIKE BEATS presented by Real Sound now.

Listen to TALK LIKE BEATS presented by Real Sound in full in the Spotify app