つくる - 地方都市のビジネスこれからどうなっていくかな?

GOCCO.

新しい自分たちのまちをつくっていこう! 人口16万の地方都市:大垣。この街に移住して会社を作った(株)GOCCO.の木村が、この街で「つくる」を生業にする大垣タウンマネジメントの面々+αとまちづくりとビジネス、地方都市の未来についておしゃべりします。

Keyword: まちづくり、ビジネス、クリエイティブ

All Episodes

まったりとセキララ・アフタートーク。 引き続きマギーさんをお迎えして、ボードゲームの話題をはじめとして、「たどり着いた」感覚を得ることについてや、流動しつづけること、大きな時間軸で捉えることについておしゃべりしてます。   BGM:MusMus

Feb 22

31 min 35 sec

長野県根羽村(人口860人) / おじーちゃんおばーちゃん朝速い / 全世帯が森林組合員 / 移住3年目 / 渋谷の若者を切り取って山にポイって配置した感じ / みんなで里暮らしをするインターンが出会い / 60人ぐらいの東京の人が古民家を改修しにくる / 東京から地域のプロモーションを支援 / 僕が感謝 / 社団法人ねばのもり / 村の魅力を外に伝えて、中の人が誇れる場所に / 色々やってる / 「森がいい」が付随→色んなものが生まれる / みんな森に入りたいけど実際にできる場所はあんまりない / 木と人を繋げる / 持続=可能性を発見すること / 目の前にある美しいものが来年も再来年も見られるように今何をすべきか / 持続しない=ビジネスモデルが作れてない / 斬新さよりも10年続けられるかどうか / 文脈がある村づくり / モチベーションを意識しないからこそ続く / 幸福度がからだに帰ってくる / 何が大切かが分かったから移住できた / 毎年同じ100人が来る村にしたい / 自然と来たくなる / 村の親戚制度 / 年に1回訪れる / 心の距離が近い / 「都会に行った方が面白そう」って思われちゃってる / 背中で面白そうに生き続けて、次世代に伝える ゲストは地域プロデューサー「ねばのもり」のマギー(杉山泰彦)さん。長野県の山村:根羽村に移住し村の中と外を繋げる活動をするマギーさんが、村との出会いと、活動を続けることの重要性、そして心に無理を強いないことについて語ります。 根羽村暮らしの日々についての情報はコチラhttps://note.com/isshin_life BGM:MusMus

Feb 9

32 min 59 sec

お菓子食べたりしながらのセキララ・アフタートーク。 引き続きMIOさんをお迎えして、名古屋トークから、間取りを取り巻く現状、伝え方をどのようにしていくのかについておしゃべりしてます。 BGM:MusMus

Dec 2020

33 min 35 sec

間取りデザイン / 間取りを女性目線で考えてみる / 違う建築士さんの意見も聞いてみてもいい→間取りのセカンドオピニオン / "間取りだけ"を相談できる場所 / ハウスメーカーから間取りデザイナーへの転身 / 間取り好きじゃないっすか? / 新聞広告の間取りで妄想 / 自分で建てた家に住みたい→建築士に / お客さんの暮らし方を知る / "じゃあこうしたらいい"シンキング / 実際建たなかった物件をインスタに投稿したのが始まり / 間取り迷子 / 違う間取りを見ておくことで、後悔は少なくなる / 「なぜこの間取りにしたのか」コメント / 家って人生 / 間取りを通じてお客さんの生活に入り込む / "家づくりをしている人たち"が他の"家づくりをしている人たち"とコミュニケーションを取れる場を / 間取りの相談は周りにしづらい / オンラインというフィルターをかけることによる気軽さ / 土地の景色や匂いを感じて間取りを作りたい / 旅する間取り=マドラー  / 田舎と都市部の日常の違いを感じて提案できたらめちゃ楽しそう ゲストは間取りデザイン「MIO DESIGN OFFICE」のMIOさん。物心ついたころから間取りを妄想しつづけるMIOさんが、間取りを通じて"場"を作りつづける、ご自身の活動について語ります。 「MIO DESIGN OFFICE」の情報はコチラhttp://mio-design-office.com/ BGM:MusMus

Dec 2020

34 min 27 sec

江戸時代後期創業 / 戦争も明治維新もあったと考えると今の状況まぁまぁ余裕かも / 老舗:憧れ、創業:憧れ / 明治元年に完成して引き継がれた味 / 後の150年のことを考えるけど目の前のことしかできない≒運転 /  "prince of senbei" note150本執筆 / 和菓子のアンと極秘情報・あんバターサンド/ せんべいミント味(おいしい) / 定番商品も新商品も日々実験 / 回転して飛ぶスキーを嗜む / ブレーキかけない / 金のためにやるとしんどい / つくるpodcast2代目 / 人が集まる時間帯に人っ子一人いない!! →街のこともやってかないと商売厳しいよね / 筋は通しつつやってしまえ / 親「ごめん、仕事がおもしろすぎるから行くわ!」 / やーめた、って言わなければ続く / 新しく作りたい人たちが好きにやれる場&指を刺されずに拍手を貰えるような場 / 新しいもの=文脈が違いすぎて分からないin地方都市 / 僕らなりのクリエイティブを(not都会のちっちゃい版) / 変わってかないと嫌 / 社会をほぐすツボを探す / 手を前に出せば水が出てくる身体感覚の人たち / 7代目8代目の人たちに対して責任を負わなきゃ ゲストはせんべい王子こと「田中屋せんべい総本家」6代目、田中裕介さん。アグレッシブに動く田中さんが、街ぐるみで変化することの大切さについて語ります。 「田中屋せんべい総本家」の情報はコチラhttp://tanakaya-senbei.jp/ BGM:MusMus

Oct 2020

45 min 28 sec

アルパカへの知的好奇心もそそられた第5回のセキララ・アフタートーク。 引き続きなめみそさんをお迎えして、日本のアルパカ界隈についての話や、今後の展開、今を楽しむこと等々についておしゃべりしてます。

Oct 2020

9 min 6 sec

日本で唯一のアルパカ雑貨デザイナー / 自分がいちばん欲しい雑貨を作る / アルパカ1本 / 2004年:なめみそ meets アルパカ in ニュージーランド / ボリビア人「many many Alpaca !」 / アルパカでエゴサーチできる時代 / 無いこそから焦がれる / 2009年ミラバケッソ・クラレ革命 / 全国のアルパカ牧場に広がるアルパカ雑貨たち / 北海道〜ひるがの高原 / 生まれも育ちもお店も大垣 / 唯一無二のコンテンツを自分の場所から発信していく / 群れなす、アルパカ編集室 / 牧場閉鎖→牧場インスタライブに集まるアルパカ愛好者たち / アルパカ好きによるオンラインイベント / 一人で愛でるのではなくアルパカのように群れて楽しく愛でていこう / アルパカZINE、取材中 / オンライン在廊 / 絵本構想中 ゲストはアルパカ雑貨でおなじみ「sunokko design」なめめそさん。アルパカをこよなく愛するなめめそさんが、雑貨、メディア、そしてコミュニティへと広がるご自身の活動について語ります。 「sunokko design」の情報はコチラhttps://sunokko.namemiso.net/ BGM:MusMus

Oct 2020

27 min 34 sec

ポテチ食べたりしながらのセキララ・アフタートーク。 引き続き西田さんをお迎えして、子どもについての話や、生きやすい過ごし方、事業をサステナブルにしていくこと等々についておしゃべりしてます。 BGM:MusMus ※20/10/5 グダグダトークをちょっぴりカット。

Oct 2020

13 min 23 sec

住宅〜事務所〜屋台什器〜ゲーム機 / ARCHITECTURE & AROUND / みんなで壁塗りDIY / 出会いは本屋さん / 自分たちのオフィスを街ナカに拡張 / studio00 / クラウドファンディングでスタジオ付シェアオフィス作りました / 復活!えきまえスクエアパーティ / 個人が“作り始める行為“をやりやすく / みんな散らばっていける夜マルシェ(ナイトマーケット)/ DJも子どもたちもいます / 葛藤するために一回やってみる / 大垣、いいマルシェパーティがあるぞ(出店者募集) / 郷土愛<家族や自分が住みやすい街にしたい / やりやすい環境でやる / 事業をやってる人が街を育てていく / 俺らのビルの良いところ=同調圧力が無い / 個人の能力を上手く発揮させる→街で上手く作り出す ゲストは建築とその周辺を作りだす設計事務所「(株)TAB」西田拓馬さん。シェアオフィスやマルシェイベントといった"街の人がつくる場"を作り出す西田さんと、なぜ我々が真剣に地元と向き合うのかについて語ります。 「(株)TAB」の情報はコチラhttps://www.tabjapan.com/ BGM:MusMus

Oct 2020

21 min 55 sec

枡専門メーカー / あられ組の組目がある=“枡”と定義=カッコいい / 枡で飲む水は森林の味 / ア・コルーニャ=岐阜 / 観光学 / 小学生にツアーガイド / 旅行会社:地域全体をPRする監督・地域の中小企業:商品から地域の魅力を発信する地域のアクター / 新商品企画、新規事業、podcastで発信! / 伝統は無くしたくない / 距離感の近いメーカーへ / 伝統=残ってきたもの=悪くないのでは? / 子どもに伝えてく / 大垣の枡のメーカー9社→3社 / 伝統産業であっても価値の伝え方を変えなきゃ / 子どもに「古いものじゃん」って思ってほしくない / 子供の進化をウォッチ / 出張枡づくり / 枡で飲む体験 ゲストは新たな枡を発信する老舗枡工房「大橋量器」の伊東大地さん。スペインで観光学を学び、枡の新しい価値を発信する伊東さんが、地域の伝統産業が伝え方を考えることの重要性を語ります。 「大橋量器」の情報はコチラhttp://www.masukoubou.jp/ BGM:MusMus

Sep 2020

26 min 58 sec

街の中のシェアキッチン / 初めて会った人と"食べる" / 一緒に作って、食べて、話して、片付ける / 行動観察 / サルと人間の大きな違いは"食べ物を分け与えられるかどうか" / 作る過程でポロッと悩み相談 / オンラインキッチンは地域を超える / 地元の魅力、新発見 / 一緒に食べるをオンラインでどうやるか? / オンラインで一緒に作業=身体感覚を共有 / 同じタイミングで香り立つ / リアルとオンラインのMIXへ ゲストはシェアするキッチン「ちょいみせキッチン」主催:平塚弥生さん。まちのキッチンからオンラインのキッチンまで、食で生まれるコミュニケーションを行動観察的目線から語ります。 「ちょいみせキッチン」の情報はコチラhttps://choimise.net/ BGM:MusMus

Sep 2020

25 min 20 sec

8年の経過を感じない街 / クラブ無料でやっていいよ / 自由度高い / すぐ自然に行ける / 10万のレコードが定価で売ってるデンパドウ / 都会の価値と比例しない / スケボー通勤 = 獣 = デジタルの訪れ / 家でもモールでもソーシャルディスタンス / 余白がある / 手つかずの自然に家建て放題 / 15万ぐらいの地方都市・大垣 / 商店街プロデューサー招聘 / 僕たちがワクワクしてないと / 色んな視点から自分のまちをみる / 移住先 = 結婚相手 / 大垣スーパーシティ / 嘘と孤独とテクノロジー / 働きアリ、利他的に動く / ベーシックインカム / キンタロー飴的発想から脱する / 娘40m走で空気読んでた説 / 田舎だから分かんないだろは無しで ゲストは明治から続く染物屋(有)福田屋の五代目:福田晃一朗さん。 地元民、移住者のそれぞれの視点から、地方都市の可能性について語ります。 「福田屋」の情報はコチラhttp://fukudaya-n.com BGM:MusMus

Sep 2020

34 min 42 sec