第51回「自宅で最期の時を一緒に過ごしたい〜コロナで変化している看取りの現状と家族の意思~」看取り士:白瀧貴美子さん(中編2)

By 伊藤由美子

大切な人が病院に居るのに、 家族さえも病室に入れない現状がある今、 「最期の時を一緒に過ごしたい」と 希望される御家族の方が 増えていらっしゃるそうです。 ・ 2021年9月のマンスリーゲストは ¨看取り士¨の 白瀧貴美子さんです。 白瀧さんは27年間、看護士だった仕事を辞め、 看取り士となり、2019年8月に、 「日本看取り士会 看取りステーション なごやか あいち」を立ち上げられました。 看取り士としてだけでなく、 多くの人に「温かい看取り」を 知ってもらうための講演や、 看取り士を養成する立場として、 日々、活動をされていらっしゃいます。 白瀧貴美子さんのインタビューは 第49回〜第52回までの全4回に渡って配信♫ 今回の白瀧貴美子さんへのインタビュー内容は (第51回) ✅  コロナで変化している看取りの現状と家族の意思 ✅ よく勘違いされる ¨おくりびと ¨と¨みとりし¨との違いについて ✅ 亡くなった後の時間を大切にすることで ぬくもりと温かさの感覚が残る ✅ 犬猿の仲でも愛で充満している場面に出会うと 人は変わる ✅ 愛の感情に気付いていく。 ✅¨愛のバトン¨を感じる現場 ✅ 簡単に死を受け入れられない気持ちにも寄り添う 苦しみも一緒に担う。 ✅ その時の希望を叶えることを目指していくこと について、お話していただいています。 「今、必要な人に届きますように」 ◉白瀧貴美子さんプロフィール 27年間、総合病院の外科、整形外科に勤務後、 訪問看護にて在宅支援、包括支援センターでは 地域包括ケアに従事。 21年前に実母が病院で「家族のための治療」を 続け、本当の望みが聞けないままに旅立つ。 看取りの後、強い喪失感と「母の近くにもっと いれたのでなはいか」という罪悪感をその後も 持ち続け「温かい看取り」「後悔のない看取り」 を追い求めていく中で、2016年、日本看取り士会 柴田久美子会長に出会う。 探していた「看取り」がここにあると確信し 「看取り士」となり、 2019年8月に「日本看取り士会 看取りステーション なごやか あいち」を立ち上げる。 現在は看取り学、看取り士養成講座も行い 看取り士の普及活動にも尽力している。 ◉「日本看取り士会 看取りステーション なごやか あいち」ホームページ https://www.mitorishi-nagoya.com/ ◉「日本看取り士会 看取りステーション なごやか あいち」Facebookページ https://www.facebook.com/nagoyakaaichi/ ◉「日本看取り士会」ホームページ http://mitorishi.jp/ ◉ 映画「みとりし」公式サイト http://is-field.com/mitori-movie/index.html ・・・ ◉伊藤由美子ホームページ『Yumiko’Room』 https://yumiko0321.com/2369/

Listen to 第51回「自宅で最期の時を一緒に過ごしたい〜コロナで変化している看取りの現状と家族の意思~」看取り士:白瀧貴美子さん(中編2) now.

Listen to 第51回「自宅で最期の時を一緒に過ごしたい〜コロナで変化している看取りの現状と家族の意思~」看取り士:白瀧貴美子さん(中編2) in full in the Spotify app